Top
松本滞在記1日目


今年で7年連続です。
もしかしたらゴールデンウイークは一生松本で過ごすのかもしれません。
そろそろ松本にGWhouseを作らねばと思いながらドラえもんカーを快調に走らせて松本に到着。
荷物をさっとおろし、燕(つばくろ)という、松本の友人がやっている古道具屋の
倉庫が四賀村にあって(市街地から車で30minくらいのとこ)
そこの解放販売をしているということで、向かう。
道中あまりに何もなくて、
本当にこっちでいいのか不安になったけど、無事に到着して、良さげな家具を展示用に借りる。
市街地に戻ってきて松本の母と合流し、一緒にかつ玄というおいしいトンカツ屋さんへ。
早めに滞在先に戻り、銭湯で温まり、作品を制作する。
明日からはいよいよ空間作りが始まる。

[PR]
# by lpack | 2015-04-26 23:30 | 工芸の五月2015
アワーカレンダー展inきたもとアトリエハウス

密かなブームが巻き起こっている[OUR CALENDAR]はもう手に入れたか!?
使う人によって様々な装いを見せるこのカレンダー。先日の都内の展示販売では好評をいただき、ドラマチックな奇跡も起きました。
c0146317_13592211.jpg

今回はホームグラウンドである森の中の一軒家にて、特設ショップ&展示を一日だけオープンします。
展示ではカレンダーの“HOW TO”を。
ショップでは12ヵ月セットのカレンダーはもちろん、プレゼントに最適な各月バラ売りのカレンダーもご用意しました。
さらに差し込むナカミのポップアップショップや、ナカミをつくるワークショップなどもあります。
さらにさらに「僕たちが提供するのは今月の思い出なんだ!」という思いから、3月14日(ホワイトデー)のためのあの店舗の出店や、あれもこれも...!
併設するカフェでは休日の昼に食べたくなるランチ[SUNDAY LUNCH]もご用意していますので、みまさまお誘い合わせの上いらしてください。
c0146317_1465290.jpg
"4月はじまりのアワーカレンダー"
A4サイズ相当が挟めるスリットが入っていて、好きな写真やメモなどを挟むことができます。14日当日は差し込むナカミをつくるショップとワークショップを開催。
c0146317_1410425.jpg
会場は納屋の2階を改装したスペース。まどからちょうど満開の梅が見えます。
c0146317_1435878.jpg
3/14はホワイトデー!ということで、連日売切れ続きの表参道にある小さなキャラメル屋「NUMBER SUGAR」さんに、特別にギフトショップを開いてもらうことになりました!お花のモチーフのパッケージ(全8種のフレーバー入り)を数量限定で販売します。
c0146317_144667.jpg
“MISO SOUP STAND”
「HAHA」のミソスープスタンドが1日限定でアトリエハウスにやってきます!
アワーカレンダー12ヵ月セットをお買い上げの方は、なんと100円引き!
ミソスープを片手に、カレンダーに何を差し込むか考えてみたり、森を散歩してみるのも良いですね◎
http://www.facebook.com/pages/HAHA/412278638804129?fref=ts
c0146317_1462211.jpg
アトリエハウスの"サンデーランチ"
母屋の中にあるカフェでは休日に食べたい食事を大体月代わりで提供しています。コーヒーや、デザートもあり。
_
アワーカレンダー展 in きたもとアトリエハウス 
3月14日 11:00-18:00
きたもとアトリエハウス(埼玉県北本市荒井5-164)
http://atelierhouse.net/

追記:北本遠いよー!という方に朗報です。翌日の3月15日はユトレヒトで開催する「モームとL PACK」にて小さなショップを用意します。ちょうど素敵な展示も開催中ですのでこちらもぜひ。
http://utrecht.jp/
c0146317_1485242.jpg

ちなみにカレンダーはこちらでも買うことができます。http://lpack.theshop.jp/

[PR]
# by lpack | 2015-03-12 14:21 | News
オリジナルグッズが出来ました!OUR CALENDAR!!!
きたもとアトリエハウスのオリジナルグッズが出来ました!その名も[OUR CALENDAR アワーカレンダー]。現在都内では3月8日(日)までユトレヒト(http://utrecht.jp/?p=14549)にて先行販売会を開催中!引き続き取り扱い店舗拡大中&募集中ですが、簡単に手に入るオンラインショップもオープンしました。
▶オンラインショップ
http://lpack.theshop.jp/ 

様々な使い方が出来るこのカレンダー、使い方の参考はこちらから
▶HOW TO USE
https://jp.pinterest.com/our_calendar/2our_calendar/

c0146317_16395198.jpg
このようなパッケージに12ヶ月分入っています。
c0146317_1640134.jpg
チラシ、レシピ、花、などなんでも挟めます。

何を着て、何を食べよう、誰と出会ってどこへ行こうか。
たとえば、「次の休みに行こうとしている展覧会のチラシ」「めちゃくちゃかっこいい雑誌の切り抜き」「作ってみたいフルーツジャムのレシピ」「気まぐれに摘んだ花」。日々の暮らしの中で見つけた発見とこれからのこと。好奇心いっぱいの私たちの毎日を、このカレンダーに挟んで暮らしてみよう。

〈OUR CALENDAR〉は、A4サイズ相当のものを挟むことができるスリットが入ったカレンダーです。きたもとアトリエハウスから生まれた〈OUR PRODUCTS〉というデザインプロジェクトによってつくられました。
ひと月1枚、2015年4月はじまりの12枚セットと、プレゼントに最適の1枚も。という内容です。スリットで自分好みのビジュアルを挟むことが出来きるので、毎月違うビジュアルのカレンダーとして使うことができます。〈暮らしとつくること〉が渾然一体となった、きたもとアトリエハウスそのもののようなオリジナルカレンダーです。

価格:1800円(+TAX)/ジャンル:A4相当のものが挟めたりするカレンダー/
内容:全12枚12色+サンプルシート3枚/サイズ:297×420mm(A3)/印刷:オフセット/素材:上質紙180kg/MADE IN JAPAN/プロデュース:L PACL/デザイン:フクナガコウジ(HYPHEN)/販売元:きたもとアトリエハウス
c0146317_1640819.jpg
 3月8日(日)までユトレヒト(http://utrecht.jp/?p=14549)にて先行販売会を開催中です。ぜひご覧ください。


[PR]
# by lpack | 2015-03-06 17:00 | News
中崎透
c0146317_11351491.jpg

中崎透さんにオファーをいただき、先日『公園アンデパンダン展i 豊島』に参加してきました。会場の公園は、非常時に『炊事』のための機能が用意されいてる堀之内公園。「この場所に災害時の拠点となるような公園を」という熱意のこもった声が近隣の住民からあったと書いてあるので、阪神淡路大震災の経験からの不安がそうさせたのだろうと考えられる。朝到着すると近所のおばちゃんたちによって枯山水かっ!てくらい公園はきれいに均されていた。

HPを見ると『防災を意識した』とあるが、普段どれくらい防災のための活動がここで行われているのだろうか?防災は、災害を未然に防ぐための取り組みだから、いざという時のためにどれだけストレスなく使える公園なのかというのが重要になる。はずなのに、、蛇口からは水が出ない。かまどは申請しても使えない。災害時しか使えないらし。なんじゃそら。いまはその時にちゃんと使えるのを祈るばかりである。

公園アンデパンダン展が開催された2015年2月15日。僕らはある意味での災害に出くわすだろうと予想していた。案の定なんとも言い難い、地に足をつけたいのにつける地がないさすが中崎さんというイベントだった。僕たちは、(水の出ない)災害時用炊事場に、コックをひねると暖かいコーヒーが飲める環境を作り出した。白いカップアンドソーサーに黒々した熱々のコーヒーを注ぐ。飲み終わった人は『水が出る』方の水道でカップを洗い、拭いて戻してもらった。
さきの震災時、日本人の秩序が称えられたのは記憶に新しい。しかし2015年現在、世界情勢はガラッと変わり、希望や勇気のようなものが追いやられ、これまで表に出ていなかったものたちが我慢しきれず溢れ出て、言いようのない不安で社会は覆われてしまっている。
どんな状況下だったとしても僕たちはコーヒーを淹れ続け、コーヒーのある風景をつくっていかなければならないと、心に誓うきっかけになった。

中崎透「Practice 大きな家に暮らすための9つの方法」が始まっているので、興味のある方はぜひ。


[PR]
# by lpack | 2015-02-25 13:00 | オダギリ日記
未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス

東京都現代美術館 未見の星座〈コンステレーション 〉-つながり/発見のプラクティス

純粋な眼差しで見て、超個人的に気になったことを幾つか。
展示を観終わって、というか最初の作品を見たときから考えたのは展覧会は誰のものとしてつくられ世に出現するのかということだった。美術館のものなのか、学芸員のものなのか。作家のものなのか、鑑賞者のものなのか。それともそれとも美術史のものなのか。「どれか」ではなく「どれも」ということなんだろうけど、この展覧会から感じたのは学芸員のためなのかなというのが一番勢いを感じた。それが展覧会として良いのか悪いのかはわからないのだけど、最近、作品自体よりも展覧会をつくった側に焦点が合うことが増えてきたような気がする。なにか僕自身の中で変化があるのだろう。鶏が先か、卵が先か。はたまたどちらもなのか親子丼からだけなのか。

作品では、北川貴好さんの作品が、これまでの作品を知っているという点も含めて一番好印象だった。空間の切り方にちぐはぐさがなく風通しが良い気がした。
浅井くんはいつものごとくさすがの手数で圧巻だけど、エントランスホールから見える場所で展示していたということもあり、文脈よりも広告的な扱いに見えてしまった。
志村くんはその前に展示していたαMと比較してしまい、予算のことを考えてしまった。もっとやりたかったんじゃないかなぁと勝手に。
山本高之さんは見ているとじわじわくるいい作品だけど、この一点だけなのかーという感じ。その感想は大崎のぶゆきさんも共通している。この作品だけなのかーって。
太田三郎さんの作品は、年齢を知って納得だった。それならこれができるなと。
伊藤久也さんは、今っぽいなあという印象だったけど、決して「最新の今」ではないなという印象。

こんな超個人的で全然批評にもなってない感想文を表に出して良いのかとも思うけど、思ったことは言葉にしておきたいと思い、ざっくりとではあるけど書きました。


小田桐 奨

[PR]
# by lpack | 2015-02-22 01:29 | オダギリ日記



コーヒーのある風景をつくるユニット
by lpack
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
L PACK ?
News
工芸の五月2015
工芸の五月2014
Workscape
写真集
竜宮美術旅館
NAKAYOSI
our atelier house pr
L AND PARK
L AND PARK#
ateliershop LCAMP
小さな家
L CAMP2011
L CAMP2010
L CAMP2009
工芸の五月2013
工芸の五月2012
工芸の五月2011
工芸の五月2010
工芸の五月2009
メディア
Contact
オダギリ日記
ナカジマ日記
Yokoso Cocowa Cafede
A-2(09/3-4)
以前の記事
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
その他のジャンル
画像一覧